ef="http://hibishin.blog26.fc2.com/" title="top" />
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘ったれた大学生

個別指導塾の講師は、どこもそうだと思いますが「大学生」が多いですね。

塾の講師というのは、他のアルバイトと違って(というと高飛車に聞こえそうですが・・・)、毎週同じ曜日の、同じ時間には「担当の先生」が教えることが前提になっているので、基本的に「代わり」はききません。風邪をひいても、熱があっても、責任をもって仕事に取り組めますか?・・・という確認をとった上で当会では採用しています。

にもかかわらず、ちょっと辛くなると「学校が忙しくなった」「サークルで責任者になった」などの理由であっさり辞める子が増えてきました(必ず「申し訳ないと思ってるんですが・・・」という枕詞をつけてくるが、間違いなく「申し訳ない」という気持ちはない!)

それよりも問題なのは、近年、この「辞めるとき」や、「採用試験」の段階でも「親」が連絡してくるようになったこと!採用面接の前日に「親」が下見にきたり、不採用のときに「親」からクレームの電話がきたり、「親」から休みの連絡がきたり・・・。

いつまで「おぼっちゃん」「おじょうちゃん」でいるのでしょうか?

そういえば「大学生」だけではなく、いちいち仕事のことでクレームの電話をする「新入社員の親」の話も聞いたことがあります。

若者たちよ、はやく親離れしなさい!

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

日比谷進学指導会        塾長Charlie

Author:日比谷進学指導会        塾長Charlie
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。