ef="http://hibishin.blog26.fc2.com/" title="top" />
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える「気力」

「塾内テスト」など、子どもたちの答案を見て最近よく思うこと・・・。

「記号問題」さえも埋まっていない子が増えてきた。

そんな子どもに「なんで、ここ書かなかったの?記号だから、書けるでしょう?」というと、

「だって、間違ってたら恥だから・・・。」

間違った答えを書くことを極端に恐れている感じ。

別に鉛筆を転がして「あてカン」でやれ、とは言わないが、1問でも多く正解してやろう!という「気合」が見られない。見ただけで「無理」と思うと取り組もうともしない子も多い。

だから、最近の授業では「検討」をつけてから取り組ませることをやり始めた。

方程式の値も、関数の座標も、「どれくらいだと思う?」という導入からやる。

「カンだから間違っていて当たり前」という空気を作ると、子どもも大胆になることが多いが、それでも頑なに「正解」でなければ発言しようとしない子もいる。

「習ってないからわかりません」

習ったことしかできない、やらない・・・はっきりいうと伸びないタイプ。

先生のいうことをしっかり聞いて、その通りにやるのよ・・・と育てられてきたのかもしれないが、「自分流」を見つけられない限り、勉強なんてつまらない!

「考える力」の前に、考える「気力」を育成する必要性を感じてきた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

日比谷進学指導会        塾長Charlie

Author:日比谷進学指導会        塾長Charlie
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。