ef="http://hibishin.blog26.fc2.com/" title="top" />

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾人と受験

今週で2学期の「期末テスト」が終わり、本格的に「受験シーズン」に突入する。ほとんどの「塾人」の例にもれず、私も「受験」に対する「想い」はかなり強い。

若者が何か大きな事件を起こすと、この「受験」をめぐるストレスが原因のひとつに挙げられることが少なくないが、「受験」は本当に悪者か?

たしかに「受験」にストレスはつきもの。ストレスのない「受験」はありえない。

とくに「高校受験」は、多くの子どもにとって初めて人生の「岐路」に立つ場面であるから、大人が想像する以上にストレスを感じるのも当然である。

そのストレスを軽減しようと、高校・大学へストレートに進学できる附属小学校や中学校を受験をさせることがあるが、長年「受験」に携わっている立場から言うと、それは与えられるべき「ある成長の機会」を奪っている気がしてならない。

小学受験、中学受験はほぼ「親の受験」であり、本人の意思はほとんど反映されない。小学受験は100%そうであり、中学受験でも「本人の希望で・・・」といいながら実は親や周りの大人に「誘導」されていることが多い。

それに対して「高校受験」では、今まで親の庇護のもとに育ってきた子どもが真剣に「自分の将来」を考えて選択し、受験する。だから、親も、この「受験」を「子どもの成長」の機会として捉えて生かすことができれば、子どもは一回りも二回りも精神面で大きく成長できるのである。

我々「塾人」は毎年、この「成長」の「伴走者」となり「目撃者」となる。

だから年を重ねるほど、この仕事から離れられなくなってしまうのである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
↑共感していただけたら、ワン・クリック!ご協力お願いします!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

日比谷進学指導会        塾長Charlie

Author:日比谷進学指導会        塾長Charlie
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。