ef="http://hibishin.blog26.fc2.com/" title="top" />

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できる子の視点【英文の構造】

前回のテーマ「英文法以前」は
この「英文の構造」を捉え方を
「日本語の理解」から身につける
というコンセプトで書きました。

「丸暗記型」の生徒は、

たとえば、

Although I don't play the shamisen anymore,
I like to listen to shamisen music at concerts.

【NEW HORIZON3より】

という英文でさえ、
知っている単語の意味を頼りに
和訳しようと「努力」します。

もう少しましな子でも

not~anymore(もう~ではない)
like to ~(~することが好き)


と、連語的(?)な構文を
呪文のように唱えて
暗記しようとしています。

「できる子」は「述語動詞」が
浮かんで見えます。

Although I don't play the shamisen anymore,
I like to listen to shamisen music at concerts.

なおかつ、
「主語」「動詞」「目的語」を核にして
「句」「節」で英文の構造を捉えています

Although
I don't play the shamisen
anymore,

I like to listen to shamisen music
at concerts.

この感覚を身につけるためには
「品詞の感覚」つまり、
「英文法」以前の日本語の感覚が
必要になってくるのです。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
↑共感していただけたら「ワンクリック」ご協力お願いします!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

日比谷進学指導会        塾長Charlie

Author:日比谷進学指導会        塾長Charlie
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。