ef="http://hibishin.blog26.fc2.com/" title="top" />
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「勉強」しているのに「成績」が上がらない理由

この夏も「夏期講習」から
当会に通い始めた子どもたちがいます。

その中にはやはり、例によって
「勉強しているのに成績が上がらない」
という子がいます。

「勉強しているのに成績が上がらない」のは、
もうみなさんご存知のように
「考えない勉強」をしているからです。

とはいっても本人たちは「考えている」
つもりでいます。

たとえば、英語で「不規則動詞」の活用を
覚えることを「考えている」と思っている
子どもに、

My mother makes dolls. を過去形にしなさい

という問題を出すと、

My mother maked dolls.

となるのは、

make-made-made

を知っていても、それが何なのかを
「考えていない」からです。

新入会の中3生に
中1、中2の復習範囲で「力だめし」を
すると、決まって

「やり方を忘れた」

といいます。

重症の生徒は、「問題」の文を読む前から

「これ、どうやってやるの?」

と聞いてきます。

「やり方はいろいろあるから
覚えなくてもいいんだよ」


というと、はじめはキョトンとした顔をします。

塾に入ったら「やり方」を丁寧に教えてくれると
思っていたのでしょうが、

「やり方」を教えても、何を求めるのかがわからないままでは、
実際に使えるようにはなりません。

「やり方は教えないよ」

というと

「じゃあ、どうすればいいの?」

という顔をします。

座標平面上の三角形の面積を求める問題で、

「代入すればいいの?」

と聞いてきます。

しかし、「代入」して何を求めるのかを聞くと
やはり、わかっていません。

座標を求めるときも、直線の式を求めるときも
「代入」をすれば「答え」はでますが、

「何を求めたいのか?」がわからないままでは
当然、「勉強しても成績は上がらない」
となります。

そこで、「できる子の視点」をやらせます。

つまり、計算ではなく、図を描いて
「考える」練習をさせます。



三角形の面積を求める

「底辺」と「高さ」を求める

頂点の「座標」を求める

交点の座標をもとめる

直線の式を求める


その直線の式を求めるとき、

「これって、連立?」

ときかれても、「直線の式」の意味
(つまり、傾きと切片)がわかっていない
子には「直線の式」の意味を教えますが、

わかっている子には、

「連立しなくても、傾きと切片がわかる?」
と聞き返します


「(-2,1)と(0,3)を通る・・・
あ、切片3か・・・じゃあ、xが2つ進んで
yが2つだから・・・あ、傾き1だね」


「考える」ことが伝わった瞬間、
子どもの目がキラキラと輝きます

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
↑共感していただけたら「ワンクリック」ご協力お願いします!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

日比谷進学指導会        塾長Charlie

Author:日比谷進学指導会        塾長Charlie
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。